ネット周辺情報

【月1,100円のデータ無制限格安SIM】トーンモバイルのデメリットは?

トーンモバイルという格安SIMがあります。
なんと月額1,100円からデータ容量無制限で利用できる格安SIMです。
もし本当なら、この金額で利用できる格安SIMは他に無いんじゃないでしょうか。



saiga
saiga
今日はトーンモバイルがどんな格安SIMなのかを見ていきます。

トーンモバイルはこんな格安SIM

トーンモバイルとBIGLOBEモバイルを比較

最初に、格安SIM代表として私も使っているBIGLOBEモバイルと比較してみます。(※表示価格は税込みです)

提供会社 ドリーム・トレイン・インターネット ビッグローブ
ブランド名
月額 データ容量 無制限
1,100円
1,650円(iPhone)
1GB 1,028円
3GB 1,320円
6GB 1,870円
12GB 3,740円★
20GB 5,720円★
30GB 8,195円★
★は今後新料金発表予定
データ容量枯渇後の
通信速度
- 最大200kbps
利用回線 ドコモ ドコモ・au
国内電話 18.7円/30秒
(090おとく電話オプション不使用時19.8円/30秒)
10円/30秒
(アプリ不使用22円/30秒)
初期費用 3,300円 3,394円
契約期間 24か月
(違約金9,800円)
12か月
(違約金1,100円)
備考 高速チケットは330円/1GB
(iPhoneは490円/1GB)
エンタメフリー・オプション(月額528円※4月以降308円)を使えば対象動画がデータ消費されない

 

トーンモバイルは低速が基本

これがトーンモバイルの最大の特徴かつ最大のデメリットと言えるでしょう。

BIGLOBEモバイルとの比較表を見ると、データ容量無制限の利用で月額1,100円(iPhoneは1,650円)とがいかに安いかがわかります。金額だけを見るとBIGLOBEモバイルの3GBプランより安いですからね。

ただし、トーンモバイルは他の格安SIMに比べて通信速度は低速です。
速度は最大で500~600kbpsとされています。以前、ソフトバンクとBIGLOBEモバイルの速度比較記事を書きましたが、この時の記事ではBIGLOBEモバイルは昼時が最も遅く、その時の速度は400kbpsでした。

【結果発表!】ソフトバンクとBIGLOBEモバイルの通信速度を比較してみたソフトバンクから格安スマホのBIGLOBEモバイルに乗り換えたので通信速度がどれくらい変わったのかをチェックしました。今回の調査であらためてBIGLOBEモバイルおよび格安スマホのメリットとデメリットが浮き彫りになりました。...

トーンモバイルは最大500~600kbpsとされているので、常時、BIGLOBEモバイルの最も遅い時の速度でしか通信出来ないということになります。深夜だと30Mbps程度の速度が出ることもあるようですが、あまり期待はしない方が良いでしょう。

動画を観ることはまず不可能なので、どうしても動画を見たり、ダウンロードをしたい場合は、別途高速チケットを330円(iPhoneは490円)/1GBで購入する必要があります。

トーンモバイルは契約期間が長い

トーンモバイルの契約期間は24か月です。

これくらいの契約期間は一昔前までは普通でした。しかし、BIGLOBEモバイルを見ても分かる通り、今は契約期間は短縮されているか、撤廃されているところも出てきています。

今の時代で24か月の契約期間はかなり長いと思います。また、違約金の9,800円も割高と言えるでしょう。

これからトーンモバイルを契約する人は、これらの点を気に留めておきましょう。

トーンモバイルは電話かけ放題オプションがある

これは電話をたくさんかける人には嬉しいですよね。

トーンモバイルには月額1,045円で加入できる「090電話かけ放題」というオプションがあり、このオプションを利用すると文字通り音声電話を無制限で利用できます。

ちなみに、BIGLOBEモバイルには1回あたりの通話が3分や10分のかけ放題プランはありますが、かけ放題のプランはありません。

データが低速でも、通話をたくさんする人にはトーンモバイルは便利な格安SIMと言えるでしょう。

まとめ:トーンモバイルに向いてる人

まとめると、トーンモバイルのデメリットは次の2つです。

・データ通信速度が遅い
・契約期間が長い

データの最大通信速度が500~600kbpsだと、ウェブサイトやSNSの閲覧にもストレスを感じるかもしれません。インターネットを頻繁に利用する人には不向きでしょう。

また、24か月という契約期間だと、頻繁にスマホ料金を見直す人には不便に感じるでしょう。途中で解約するには9,800円は高すぎます。

ここまでトーンモバイルの特徴を見てきて、トーンモバイル向いてるのは次のような人です。

音声電話をたくさん利用する一方で、あまりデータ通信しない人

トーンモバイルのメリットはデータ無制限では無く、「090電話かけ放題」です。低速だとデータをどれだけ使えてもあまり意味は無いからです。インターネットはメールやネットがある程度出来れば良くて、音声電話をたくさん使う人はトーンモバイルを検討しましょう。

saiga(@saiganosumika1)でした。

【格安スマホへの乗り換え手順】初心者が取り組むMNP手続きからSIMロック解除 ●格安スマホに乗り換えようと思うんだけどどうやれば良いんだろう。 ●SIMカードってやつを差し替えるんでしょ?なんか怖いね。で...