ネット周辺情報

【格安スマホは今後どうなる】3キャリア新料金開始後に格安スマホは使うべき?

昨日auから「povo on au」が発表され、新料金が明らかになりました。
ドコモ・ソフトバンクに対抗した月額2,480円という料金は、ユーザーに大きなインパクトを与えています。

saiga
saiga
今日の記事では3キャリアが新料金を開始する3月以降、格安スマホは使った方が良いのかという点を見ていきます。

このままでは格安スマホは今後メリットが無くなる

まずは昨日までに出揃った3キャリアの新料金プランをおさらいします。

povo on au SoftBank on LINE docomo ahamo
月額料金(税抜) 2,480円 2,980円 2,980円
月間利用可能データ容量 20GB 20GB 20GB
LINEギガノーカウント × ×
月間利用可能データ超過後の速度 最大1Mbps 最大1Mbps 最大1Mbps
ネットワーク auの4G/5Gネットワーク ソフトバンクの4G/5Gネットワーク ドコモの4G/5Gネットワーク
サービス提供形式 新ブランド 新ブランド 新プラン
国内通話 完全従量制
(20円/30秒)
5分以内無料
(超過分は20円/30秒)
5分以内無料
(超過分は20円/30秒)
【auが新料金プラン「povo on au」を発表】3キャリア各プランのお得感を比較本日、auから新料金プラン(新料金ブランド)「povo(ポヴォ) on au」が発表されました。 待ちに待った発表ですね。 Am...

次に主要格安スマホ会社の料金を見てみましょう。

主要格安スマホ会社料金(最安プラン)

月額 データ容量 国内通話 備考
b-mobile 980円 1GB 20円/30秒 10分超過分20円/30秒
Y!mobile 2,680円 3GB 10分以内無料
OCN モバイル ONE 980円 1GB 20円/30秒
UQmobile 1,980円 3GB 20円/30秒 1,700円/月で国内通話かけ放題
BIGLOBEモバイル 1,160円 1GB 20円/30秒
楽天モバイル 2,980円 無制限(楽天回線)
5G(パートナー回線)
20円/30秒 先着300万名まで1年間無料(通話料等別)

事務手数料が必要なところもありますし、家族割り適用や光回線と一緒に加入などでもっと安くなることもありますが、基本の料金(最安プラン)はこのような形になります。

残念ながらこれを見ると、データ容量だけを見ても、すでに使うメリットは少ないように思えます。

今までのスマホ料金からすると安く感じますが、3社から出た新料金プランと比較するとどうしても割安感が弱くなってしまいます。

 

MVNOである以上格安スマホは今後も安さを最重要視しよう

ここでさらっとMNOとMVNOの違いについておさらいしておきます。

MNO(Mobile Network Operator:移動体通信事業者)とは、自社でモバイル用の回線網や基地局を持っている会社で、日本ではドコモ・au・ソフトバンクの3社が該当します。

MNOは高品質の安定した通信を提供していますが、近年はその料金が批判されるようになっています。

一方、MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)は自分たちでは設備を持ちません。
MNOの設備は緊急時も考慮して多めの通信ができるよう設計されているため、平時は使われていない回線が存在します。
MVNOはこの使われていない回線を利用してユーザーに提供するサービスです。
自分たちで設備を持たず、メンテナンス費用などがかからないため、MNOよりも安く通信を提供することができます。

格安スマホと言われる事業者は、このMVNOのことを指します。
MVNOは確かに安くサービスを提供できますが、残念ながらデメリットも存在します。
彼らは設備を「間借り」している状態のため、本家のMNOの通信が混雑してくると通信が不安定になることがあるのです。
他にも端末の選択肢が少ないとか、対応がMNOに比べて不十分とか言われることがありますが、本当に致命的な点はこの通信が不安定になる点ですね。
いくら安くても繋がらなかったら意味ないですからね。

間借りしている通信事業者である以上、格安スマホを選ぶ最大のメリットは価格です。
安く無ければ格安スマホを選ぶ意味は無いと思います。

格安スマホにするなら一番安いものを選ぶことをおススメします。
容量も1GBにしてください。
つまり、上記の格安スマホで選ぶべきなのは「b-mobile」か「OCNモバイル ONE」のいずれかです。

もしデータ容量を1GBより多く使うのであれば、格安スマホは止めた方が良いでしょう。
3月から始まるMNOの新料金プラン(ブランド)のどれかを選びましょう。
ほぼ通話はしない、データ通信もほとんどWi-Fi環境の下という人が格安スマホを選択肢に入れるべきです。

 

【実は本命かも】1年間無料で使える楽天モバイル

こまめにスマホのプランを見直すことが苦では無いのであれば、楽天モバイルを選択肢に含めるのも良いでしょう。

楽天モバイルは上の表ではMVNOに入っていますが、第4のMNOになるべく設備を整えている最中です。
データ容量で「無制限(楽天回線)」とあるのは、「楽天モバイルの自社設備である楽天回線を使える範囲であれば無制限で利用できます」という意味です。

月額2,980円で無制限をうたっているのは楽天モバイルだけです。

ただ、この条件には落とし穴がありまして、楽天回線は残念ながら有効範囲が広くありません(2021年1月現在)。
主要都市以外は殆どカバーできていないのが現状です。
楽天回線が届かない場所では、他のMVNOと同じく他社(au)の回線を使用することになるのですが、それでも届かない範囲が結構あります。

なお、他社回線利用の場合の月間データ容量は無制限では無く5GBとなります。
上記表の5G(パートナー回線)という記載はそういう意味ですね。

それでも、楽天モバイルを選択肢に含めるのも良いと前述したのは他社にはない大きなメリットがあるからです。

実はいま、楽天モバイルを契約すると、基本料が1年間無料になります(先着300万名)

初期費用や通話料金、オプション費用等は別途必要になるので完全無料というわけにはいきませんが、「通話をほとんどしないしデータも使わない」という人にとっては選択の余地が無いほどの格安価格です。

加えて、1年あればスマホ業界自体が大きく変わる可能性があります。
楽天回線の範囲は今より広がってるでしょうし、MNOの料金も再度の変更があるかもしれません。
とりあえず1年間楽天モバイルを使ってみて、その後別のMNOなり格安スマホなりを考えるというのは有効な選択だと思います。

【まとめ】格安スマホの今後

格安スマホの今後について書いてきましたが、まとめると次のように言えるでしょう。

1.格安スマホ(MVNO)を選ぶなら月額1,000円以下
2.無料で楽天モバイルを1年間試すのもアリ
繰り返しになりますが、通話もデータ通信もほとんど無いという人が格安スマホを選択肢に入れましょう。
MNO3社が格安料金を提示したいま、格安スマホはより慎重にデメリットに目を向けたほうが良いでしょう。

 

今回の記事が少しでも皆さんの参考になれば嬉しいです。

saiga(@saiganosumika1)がお届けしました。