ネット周辺情報

【ソフトバンクから新プラン発表!】ドコモと比較してデメリットを考察

ソフトバンクから新プランが発表されたけどデメリットが気になる

昨日、ソフトバンクから新ブランドが発表されました。

新ブランドは「SoftBank on LINE」がコンセプトみたいです。

ブランド名はこれから決まるみたいですね。

新ブランドが発表されたばかりでイヤラシイんですが今回は新ブランドのデメリット(というか懸念点)を見ていきたいと思います。

 

なんでいきなりデメリットを調べるのか。

 

だってメチャクチャ安いですよこれ。

格安スマホは回線を3キャリアから分けてもらうから安いってイメージでしたけど、今回のブランドはソフトバンクのネットワークを使うみたいです。

なんでこんなに安くなるんだという点が今回の発表で一番気になってます。

ソフトバンクとドコモが発表した新プランを比較する

ソフトバンクの新プランとdocomoが先日発表した「ahamo(アハモ)」を比較してみましょう。

 

―  ソフトバンクとドコモの新プラン(新ブランド)比較  ―

SoftBank on LINE docomo ahamo
月額料金(税抜) 2,980円 2,980円
月間利用可能データ容量 20GB 20GB
LINEギガノーカウント ×
月間利用可能データ超過後の速度 最大1Mbps 最大1Mbps
ネットワーク ソフトバンクの4G/5Gネットワーク ドコモの4G/5Gネットワーク
サービス提供形式 新ブランド 新プラン

デメリット①ソフトバンクが提供するのは新プランではなく新ブランド

上の表を見てみると今回ソフトバンクとドコモが提供する内容の一番の違いはサービスの提供形式であることが分かります。

ソフトバンクは新ブランドドコモは新プランという形でのリリースとなります。

 

「新プラン」ではなく「新ブランド」と発表されるということは本家SoftBankのプランには組み込まれてないということです。

ワイモバイルみたいな位置付けになるということですね。

「ソフトバンク系列ですが本家ではないですよ」ということです。

言ってしまうと「スマホどこ使ってるの?」と聞かれてもう「ソフトバンク」とは言えません。

これはちょっと不安がありますね。

ソフトバンクブランドを使っているというのはユーザーに多大な安心感があったと思います。

回線はソフトバンクのネットワークを使用するようですが本家でないとなると利用していて非常事態等が起きた場合に何らかの差別が働かないとも限りません。

もちろんそんな確証はないですが漠然とした不安が残るのは否めません。

デメリット②ソフトバンクの新プランはオンライン手続きのみ対応

新ブランドでは申し込みや変更・解約等の手続きは全てオンライン上で行うことを想定しているようです。

つまり店舗対応は一切しませんということです。

これはドコモのahamoも同じスタンスを取るようですね。

社長が会見で今回の新ブランドはいわゆるデジタルネイティブ世代を主な対象として考えていると言っていました。

つまりオンライン上で全ての手続きを完結するのに慣れたユーザーであれば問題ないということです。

確かに私も最後に店舗へ足を運んだのは何年も前です。

それでも最後の駆け込み寺としての場所が無いのは不安がありますね。

もうGoogleさんしか頼れないわけですから。

ソフトバンクの新プランは今後も注視した方が良さそう

発表から1日経って早速新プランのデメリットを見てみました。

・新しく提供するのは新プランではなく新ブランド

・新ブランドはオンライン手続きのみでの提供

以上2つを現状考えられるデメリット(懸念点)として上げさせていただきました。

 

現在ソフトバンクを使っているユーザーはソフトバンクの携帯では無くなりますし、全てオンライン手続きで行われるならばIT関連に弱い人は申し込みすら危うそうです。

同じオンライン手続きのみの対応ならまだ新プランとして位置付けているドコモのahamoを利用することも選択肢に入れた方が良いかもしれません。

 

一方で今回のソフトバンクの新ブランドではLINEのネットワークを最大限に活用するということもコンセプトに入っておりLINEの使用に使われる回線利用料は20GBとは別にカウントされるそうです。

「オンライン手続きにも自信あるしキャリアの回線が使えて値段が安いなら他は気にしないよ」と言う人には今回のプランはピッタリかもしれません。

 

サービスの提供開始は2021年3月予定なのでまだ少し時間はあります。

来年早々にはauからも何かしらの発表があるとのこと。

引き続きスマホ料金価格発表を注視していきたいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。