ネット周辺情報

【おすすめの購入型クラウドファンディングを調べてみた】案件にあったサービスを利用しよう

NHKからコロナ禍でクラウドファンディングの活用が広がってるという記事が出ていました。
こういう記事を読むと、早く元の暮らしに戻ってほしいと思う一方で、困難をなんとか打開しようとする人々の姿勢に心打たれます。

クラウドファンディングとは

「クラウドファンディング」とは「群衆(Crowd)」と「資金調達(Funding)」を組み合わせた造語で、インターネットを通じて不特定多数の人に呼びかけ、趣旨に賛同した人から資金を集める手法のことです。

今までは新規事業や新サービスを開始するには、銀行やベンチャーキャピタルなどを説得して資金を集める必要がありました。
クラウドファンディングを使えば、特定の出資者に認められなくても、支援者を多く募ることで事業をスタートすることが可能です。

一方、支援者も大金を用意する必要はありません。
気に入った事業があれば、少額から出資することができます。

クラウドファンディングはここ数年、利用者が年々増加しています。

クラウドファンディングには種類がある

クラウドファンディングにはいくつか種類があります。

①寄付型
支援には原則リターンが発生しない。主に公共性が高いところが実施する。
②購入型
支援に商取引としてのリターンが発生する。新サービスのリリースなどに向けて個人から法人まで幅広く実施している。
③投資型
融資型、ファンド型、株式型などがある。起業にあたって出資を募る際などに使われる。 

紹介した記事では「返礼品を支援者に贈る仕組み」とあるので②購入型のクラウドファンディングを指していると思われます。

saiga
saiga
今回は購入型のクラウドファンディングとおすすめの事業者にスポットをあてて書いていくことにします。

購入型クラウドファンディングはこんなサービス

大手クラウドファンディング事業者CAMPFIREのサイトでは購入型クラウドファンディングについて次のように述べられています。

購入型クラウドファンディングの特徴は3点です。
1プロジェクト立案者は支援金額に応じて金銭以外のモノやサービスを提供すること
2資金を集めるサービスですが寄付や出資・投資ではないということ
3結果として商品やサービス等を事前に購入してもらった形になるということ

引用:CAMPFIRE 購入型クラウドファンディングについて

購入型クラウドファンディングでは、支援者は出資した額に応じて金銭以外のモノやサービスなどをリターンとして受け取ることができます。

購入型クラウドファンディングでは商取引が発生するため、売買契約に基づいたサービスとなります。
その点で、寄付や出資とは明らかに違うと言えるでしょう。

おすすめの購入型クラウドファンディング事業者

ここからは日本の主なクラウドファンディング事業者を紹介します。
これからクラウドファンディングを考えている方は、サービス選びの参考にしてみてください。

※各サービス概要の項目について

■決済方式
All or Nothing型 = 目標額に達成しなければ資金援助を受けられない方式
All In型 = 目標額に達成しなくても応募があった分の資金を受け取れる方式
■手数料
表記は集まった資金に対する割合
■フォロワー
facebook、Twitter、Instagramのフォロワー数合計
多いほど支援者への情報拡散が見込める

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

CAMPFIREは株式会社CAMPFIREが運営するサービスです。

2011年から事業を展開しており、クラウドファンディングでは最も早く開始したサービスのうちの1つです。

創業から10年が経っており、ファンやノウハウも蓄積していることからSNSのフォロワーも多く、開始すればたくさんの露出が見込めます。

日本のクラウドファンディングを代表する事業者と言えるでしょう。

CAMPFIRE サービス概要
創業 2011年1月
決済方式 All or Nothing型・All In型
手数料 17%+税
フォロワー 121,158人(facebook: 62,158 Twitter: 48,000 Instagram: 11,000)

 

Makuake(マクアケ)

Makuakeはクラウドファンディング事業者の中では比較的新興の事業者になりますが、サイバーエージェント系列の会社ということもあり、SNSのフォロワー数は業界トップクラスを誇ります。

そのため、出された案件の拡散力に大きな強みがあると言えるでしょう。

一方でMakuakeは手数料の高さに賛否があります。
始める時は拡散力とブランドが手数料に見合うかどうかを見極める必要があるでしょう。

Makuake サービス概要
創業 2013年5月
決済方式 All or Nothing型・All In型
手数料 20%+税
フォロワー 146,954人(facebook: 76,954 Twitter: 26,000 Instagram: 44,000)

 

Readyfor(レディーフォー)

Readyforはアイデアの相談から実現までを見てくれるキュレーターと呼ばれる制度を設けていることが特徴です。

プロのサポートを受ければ、素人が始めるよりもクラウドファンディングの成功率が上がるのは間違いありません。

手数料も受けるサポートによって違ってきます。
クラウドファンディング初心者はReadyforの活用も視野に入れることをおススメします。

Readyfor サービス概要
創業 2014年7月
決済方式 All or Nothing型
手数料 シンプルプラン 12%+税    フルサポートプラン 17%+税
フォロワー 90,947人(facebook: 74,947 Twitter: 16,000 Instagram: 投稿なし)

 

kibidango(きびだんご)

 

kibidangoは成功率80%を掲げるAll or Nothing型のクラウドファンディングサービスです。

技術系サービスの案件が多く、そちらの方面で資金を集めたいと思っている方は利用した方が良いでしょう。

手数料も10%(楽天ペイを利用した場合は14%)と安く、クラウドファンディング成功後の報酬も他社より多く受け取ることができます。

kibidango サービス概要
創業 2013年2月
決済方式 All or Nothing型
手数料 10%(楽天ペイは14%)+税
フォロワー 34,170人(facebook: 18,578 Twitter: 14,000 Instagram: 1,592)

 

MOTION GALLERY(モーションギャラリー)

MOTION GALLERYはCAMPFIREと同時期にサービスを開始したクラウドファンディングサービスです。

他の4つと違うのは、クリエイティブな案件に特化している点でしょう。
SNSのフォロワーも案件と親和性が高いユーザーが多いと考えられます。

映画製作・演劇開催・写真展開催などの芸術系のクラウドファンディングを考えている方はMOTION GALLERYを利用することをおススメします。

手数料が業界最安値レベルの10%というところも魅力的ですね。

MOTION GALLERY  サービス概要
創業 2011年3月
決済方式 All or Nothing型・All In型
手数料 10%+税
フォロワー 29,487人(facebook: 21,509 Twitter: 6,248 Instagram: 1,730)

 

案件にとって最適のクラウドファンディングサービスを選ぼう

今回は購入型のクラウドファンディングについて書きました。

クラウドファンディングサービスについては手数料や得意ジャンルが異なるので、自分の出すプロジェクトと相性の良いサービスを選びましょう。

SNSについてもデジタルネイティブ世代と相性が良い案件の方が成立しやすいといった傾向もあります。(年齢層が高いfacebookよりも、TwitterやInstagramのフォロワーの方が重視される傾向があります)

クラウドファンディングのいろはを知るには次の本がおススメです。
Kindle Unlimitedに加入していれば無料で読めます。

集中すれば30分もかからず読めますよ。
ぜひご一読ください。

それでは今日はこの辺で。

saiga(@saiganosumika1)がお送りしました。