ネット周辺情報

【300万人1年無料キャンペーンが終了間近】実際に楽天モバイルを使って感じた注意点

楽天モバイルの1年間無料キャンペーンが4月7日(水)で終了することが発表されました。いよいよ300万人達成間近ということで、スマホ業界に衝撃を与えたキャンペーンが終わってしまいます。

私は1月末にこのキャンペーンを使って、現在は無料で楽天モバイルを使っています。今日はその1か月ちょっと楽天モバイルを使ってみた経験から、楽天モバイルに申し込む際の注意点とメリットをお話したいと思います。

saiga
saiga
楽天モバイルの申し込みを迷っている人は、是非参考にしてみてください。

楽天モバイルの注意点

冒頭でお話した通り、私は1か月ちょっと楽天モバイルを使っています。

【Rakuten miniでドラクエウォークやってみた】使ってみたらコスパ最強の端末だった件 端末の限界をドラクエウォークで知る スマホはSoftBankのHTC U11を使っているんですが、3年近く使ってい...

上の記事で書いた通り、殆ど不満は無いです。パートナー回線を利用しているとはいえ、電波は問題無く繋がりますし。

ただ今後を考えると、楽天モバイルに新規で申し込む際には注意した方が良いと感じた点が幾つかありました。

楽天回線が届かないとデータ上限は5GB

楽天モバイルと言えば、心配なのが電波が届く範囲ですよね。2021年3月現在、楽天回線の人口カバー率は約70%となっています。三木谷さんによると、人口カバー率は今夏96%を達成する見込みとのことで、これは当初の予定を5年も前倒しにした計画です。

私が生活している場所は三重県の田舎ですが、4月末には楽天回線の基地局が出来る予定です。こんな田舎にまで基地局を作ってくれるなんて、楽天モバイルはもうメチャメチャ頑張ってると思います。

とはいえ現状はまだ楽天回線が届かない場所もあり、その場合はパートナー回線であるau回線に繋がります(現状のウチはそうです)。au回線のデータ容量は月の上限が5GBと限定されているため、楽天回線が届かない場所で利用する人は、月上限は実質5GBと考えた方が良いでしょう。

今年中には電波が楽天回線のみになるかも

au回線の提供は、人口カバー率が高い地域から徐々に終了しています。早ければ2021年3月中には東京都全域でau回線の提供が終了するかもしれません。元々au回線の提供は楽天モバイルがインフラを整えるまでと決まっていたらしいので、人口カバー率が今夏96%達成しそうなら終了するのも仕方ないですね。

言ってしまうと、いくら無料でも繋がらなければ意味はありません。楽天モバイルに契約する際には、自分の生活圏内が楽天回線に入っていることをしっかりと確認しておきましょう。

楽天サービスエリアの確認はこちら

実質0円でも出費は必要

最後に上げる注意点は機種代の「実質0円」についてです。

楽天モバイルの新規申込では、実質0円と書かれている機種があります。2021年3月2日現在、楽天モバイルで直ぐに実質0円で買える機種はGalaxy A7とarrows RXの2種類です(Rakuten MiniとRakuten Handは在庫切れ)

こちらの2機種は実質0円と書いてありますが、Galaxy A7は18,700円、arrows RXは20,000円(共に税込)かかります。実質0円とは「後日機種代が相殺されるくらいの楽天ポイントが付与されるので実質0円ですよ」という意味なので、機種代がかからないという意味では無いということは覚えておきましょう。

たまに「えっ!お金かかるの!?」という人がいるみたいなので、一応注意点として上げておきました。

申し込んでよかった:楽天モバイルのメリット

ここからは実際に使ってみて、私が「申し込んで良かった」と感じている楽天モバイルのメリットを書いていきます。

やっぱり無料で使えるのはデカい

私の楽天モバイル申込時の明細を見ていただきましょう。

機種代として1円カウントされているのを除けば見事に0円が並んでいるのが分かると思います。実際に1円だけクレジットカードの明細に表示されていました。

やっぱり無料っていうのは嬉しいです。

1か月使ってみて現在は田舎でも問題無く使えてますし、正直これで無料なのが信じられません。テザリングすれば無料のWiFiルーターとして機能してくれるので、外での作業もサクサク進みます。田舎はWiFiスポットが少ないんで助かるんですよね。

特に2台目の端末として楽天モバイルを考えている人は、ほとんどリスクは無いと言えるでしょう。

無料で入ってるのに楽天ポイントが貯まるのが嬉しい

楽天モバイルに加入すると、楽天ポイントが数千から数万ポイント貯まります。1年間無料で使えるのにこんなに楽天ポイントが貰える機会ってそうそう無いですよね。これは正直オイシイです。

転出手数料も契約解除料(違約金)も必要無し

いざ契約したあとで、やっぱり他社に乗り換えようと思ったとしても楽天モバイルは転出手数料も契約解除料(違約金)も必要ありません。

機種代を考えなければ月額も無料で、止めるのもお金はかかりません。

行動範囲が楽天回線のエリア内なのであれば、楽天モバイルを試してみるのはおススメだと思いますよ。

楽天サービスエリアの確認はこちら

まとめ

今回は私が実際に楽天モバイルを使って感じた注意点とメリットについて書きました。

結論、自分の行動範囲が楽天回線エリア内なのであれば、迷わず楽天モバイルに入った方が良いと思います。繰り返しになってしまいますが、4月7日までの無料キャンペーン中であれば、リスクは殆どありませんからね。

申し込む前にエリアのチェックだけしておきましょう。

saiga(@saiganosumika1)がお送りしました。

【楽天モバイルはなぜ安いのか】楽天モバイルを使った方がいい人・使わない方がいい人を考えた なんでこんなに安いんだろうと思い、調べてみました。 今日は楽天モバイルが安い背景を知った上で、楽天...