ネット周辺情報

【mineo新料金プラン「マイピタ」と楽天モバイルを徹底比較】逆風のmineoの契約メリットを考える

MVNOの大手mineo(マイネオ)から新料金プランが発表されました。
2021年2月開始の「マイピタ」です。

大手3キャリアから新プランが続々と発表される中、格安ケータイ各社は苦境に立たされてることは間違いありません。

mineoの新プランは起死回生の一手となるのでしょうか。

saiga
saiga
本日の記事ではmineoと楽天モバイルの新プランを比較して、mineoの契約メリットを考えます。

mineo「マイピタ」と楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」を徹底比較

mineoの新プラン「マイピタ」と楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT」を比較してみました。

■mineo「マイピタ」と楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」の比較表

ブランド mineo 楽天モバイル
プラン名 マイピタ Rakuten UN-LIMIT Ⅵ
開始時期 2021年2月 2021年4月
月額
(データ容量)
1,180円(1GB以下) 無料(1GB以下)
1,380円(5GB以下) 980円(3GB以下)
1,780円(10GB以下) 1,980円(20GB以下)
1,980円(20GB以下) 2,980円(無制限)
キャンペーン 新規契約または変更後の利用開始翌月から3カ月の間、月額基本料金を1,080円割引 ・先着300万人にかぎり1年間無料
・現行プラン(Rakuten UN-LIMIT Ⅴ)と一緒に購入するとRakuten miniが1円
備考 データ容量は全てパートナー回線 ・データ容量は楽天回線使用時に適用
・パートナー回線使用の場合は月上限5GBまで
データ容量枯渇後の通信速度 200kbps 1Mbps
利用回線 パートナー回線(docomo・au・SoftBank) ・楽天回線
・パートナー回線(au)
国内通話 mineoでんわアプリ使用時10円/30秒(アプリ未使用時20円/30秒) Rakuten Linkアプリ使用時無料 (アプリ未使用時20円/30秒)

こちらの比較表を踏まえた上で、mineoと楽天モバイルそれぞれどんな人が使ったら良いのかを見てきます。

mineo(マイネオ)の新料金プランを使ったほうが良いのはこんな人

日中過ごす場所の周囲にWiFi環境が無く、楽天回線も通って無い人はmineoの「マイピタ」を契約した方が良いかもしれません。

学校や仕事場にWiFi環境が無ければ、データ容量を否応なしに消費してしまいます。
楽天回線が通っている地域であれば楽天モバイルを契約しても良いと思いますが、それも無いとなると大容量(20GB)使っても格安(1,980円/月)で提供してくれるmineoがピッタリでしょう。

mineoのネックは通信速度ですね。
常にパートナー回線を間借りしている状態のため、昼休みや夜間は繋がりづらくなるという声が多いようです。
残念ながら、その点は割り切るしかありません。

大容量を通信速度まで快適に利用したい人は、大手3キャリアのプランを利用したほうが良いでしょうね。

【auが新料金プラン「povo on au」を発表】3キャリア各プランのお得感を比較本日、auから新料金プラン(新料金ブランド)「povo(ポヴォ) on au」が発表されました。 待ちに待った発表ですね。 Am...

楽天モバイルの新料金プランを使ったほうが良いのはこんな人

月間のデータ使用量が3GB以下の人は、楽天モバイル一択でしょう。

日中過ごす空間にWiFi環境が完備されている人が主にこれに該当するかと思います。
月間データ使用量が3GB以下であれば、月にかかる費用は980円です。
まして1GB以下なら無料ですよ。
仮に楽天回線が使えなくてもパートナー回線に繋がるので何ら不便はありません。
Rakuten LINKアプリを使えば国内通話は無料ですし、言うこと無いですね。

不安点があるとすると、パートナー回線の提供は今後順次切られていくということです。
そうなると本当に楽天回線で自立できる地域でないと不便を感じるでしょうね。

楽天モバイルのデータ容量は楽天回線ありきの数字

問題は3GBを超えて使用する人の場合です。
楽天モバイルは3GBを超えると一気に価格が上がります。
一方でmineoは10GB以下であれば価格は楽天モバイルより安く収まります。

上の表に記されているデータ容量はあくまで楽天回線接続時のものなので、楽天回線に繋がらないとあまり参考になりません。
楽天回線に繋がらないとパートナー回線を利用することになるのですが、パートナー回線に繋がるのは5GBまでです。
それ以上になると、速度はガクンと落ちてしまいます。
しかも、パートナー回線を提供しているKDDIからは回線提供を今後順次切られていくことになります。

mineoはMVNOとしてずっとパートナー回線を使います。
表に記されているデータ容量はパートナー回線を利用してのもので、その分安定しているとも言えるでしょう。

毎月3GBを超えてデータを利用する人は、まず楽天回線が通っているかどうかを確認したほうが良いでしょう。

自分の行動範囲に楽天回線が明らかに通っているなら、楽天モバイルを契約した方がいいでしょう。

 


【まとめ】楽天回線が未完成の今ならmineo契約メリットはある

本日の記事のまとめです。

・日中過ごす場所の周囲にWiFi環境が無く、楽天回線も通って無い人はmineoを使おう
・WiFi環境が整っていてあまりデータを消費しないなら楽天モバイルを使おう
・楽天モバイルのデータ容量は楽天回線ありきのもの
・プラン変更や新規加入を考える前に楽天回線が行動範囲にあるかどうかを確認しよう

いかがでしょうか。
今回はmineoと楽天モバイルの新プランについて比較しました。

今回書いたように、楽天回線が十分でない今ならmineoに契約するメリットはあります。
ただ、楽天回線は急速に範囲を拡大させているため、mineoが今後どうなっていくか分かりません。
楽天モバイルの動向には今後も注目しておいたほうが良さそうです。

それでは今回はこの辺で。

saiga(@saiganosumika1)がお送りしました。