ネット周辺情報

【結果発表!】ソフトバンクとBIGLOBEモバイルの通信速度を比較してみた

・格安スマホって遅いって言うけどどれくらい遅いの?
・使えないくらい遅いなら格安スマホに乗り換えるのやめようかな
・昼時繋がりづらいって全然繋がらないってこと?

格安スマホの通信速度がどれくらいなのか、未経験の人は想像がつかない人も多いでしょう。私はつい先日ソフトバンクからBIGLOBEモバイルに乗り換えましたが、それまでまさに上にあるような疑問や心配を格安スマホに対して抱いていました。

今回の記事では、格安スマホへの乗り換えを検討中の皆様に向けて、格安スマホの速度が実際どんなもんなのかを、ソフトバンクとBIGLOBEモバイルの比較という形でお伝えします。

saiga
saiga
格安スマホを検討している人は是非参考にしてくださいね。

ソフトバンクとBIGLOBEモバイルの速度を比較

【実測結果】ソフトバンクとBIGLOBEモバイルの速度比較表

ソフトバンクからBIGLOBEモバイルに乗り換えるにあたって、両者の通信速度を時間帯別に計測しました。次がその比較表になります。

■ソフトバンクとBIGLOBEモバイルの速度比較表(単位:下り・上りはMbps、ping値はms)

下り 上り ping値 下り 上り ping値
AM8:00 39.5 3.7 29.6 1.8 12.6 37.4
AM10:00 22.1 3.8 23.8 40.7 14.0 35.4
PM12:30 19.7 5.8 31.8 0.4 8.5 118.4
PM8:00 34.1 2.4 146.4 1.6 9.7 34.6
PM11:00 32.0 3.2 90.4 41.5 14.0 33.2

【速度計測方法】
・速度計測アプリ「SpeedTest Master」を使用

・各時間に5回ずつ速度計測して平均値を採用
・計測したのはいずれも平日

速度計測について詳しい人はこの比較表の値が分かるかもしれませんが、「どういう意味?」となっている人も多いでしょう。ここからは値の意味を解説していきます。

データ通信の速度はおもに「下り速度」「上り速度」「ping値」の3つで測られます。

下り速度について

下り速度とは「データをダウンロードする速度」のことです。下り速度が必要な用途としては「メール受信」「Webサイト閲覧」「動画視聴」「オンラインゲームの読み込み」などがあります。

用途にはそれぞれ必要な下り速度があり、その目安は次のようになっています。

用途 速度
メールやSNSのメッセージ受信 128Kbps〜1Mbps
WebサイトやSNSの閲覧 1Mbps〜10Mbps
動画視聴(YouTubeなど) 3Mbps〜25Mbps
オンラインゲーム 30Mbps〜100Mbps

引用:ノジマ電気「快適なインターネット回線速度は?」

また、皆さんも良くご存知のYouTubeでは、動画の解像度別に推奨する速度が公表されています。

動画の解像度 推奨される持続的な速度
4K 20Mbps
HD 1080p 5Mbps
HD 720p 2.5Mbps
SD 480p 1.1Mbps
SD 360p 0.7Mbps

引用:YouTubeのシステム要件

これを見ると、キレイな動画(HD1080p)を快適に見るには少なくとも5Mbpsは必要であることが分かりますね。

上り速度について

一方でデータ通信には上り速度というものが存在します。
下り速度が「データをダウンロードする速度」だったのに対して、上り速度は「データをアップロードする速度」を表します。上り速度が必要な動作としては「メール送信速度」「SNSの写真投稿」「動画投稿」などがあります。

上り速度についても必要な速度の目安があります。

用途 速度
メールやSNSのメッセージ送信 1Mbps
SNSの写真投稿 3Mbps
SNSやYouTubeなどの動画投稿 10Mbps

引用:ノジマ電気「快適なインターネット回線速度は?」

こちらの目安を見ると、皆さんが日頃行っているSNS投稿(文字と写真)は上り速度が3Mbpsは必要であることが分かります。

ping値について

ping値とは「レスポンス速度」のことを指します。具体的にはデータを送信してから返ってくるまでの速度を言い、単位は「ms(ミリ秒)」で表します。1msは1,000分の1秒です。データ通信は双方のやり取りで成り立ちます。オンラインゲームや無料アプリ通信はその代表ですね。ping値が小さいほどそのやり取りが速くスムーズに行われることを表します。

ping値のスピード評価の目安は次のように表されます。

スピード評価 ping値
かなり速い 15ms以下
速い 16ms〜35ms
普通 36ms〜50ms
遅い 51ms〜100ms
かなり遅い 101ms以上

引用:ノジマ電気「快適なインターネット回線速度は?」

100msを超えるping値はかなり遅いということが分かるでしょう。あまり遅いとゲームの画面がカクカクしたり、通話が遅くなったり途切れたりすることに繋がります。

ソフトバンクとBIGLOBEモバイルの速度評価をする

以上を踏まえて、あらためて先ほどの比較表を見ていきましょう。

■ソフトバンクとBIGLOBEモバイルの速度比較表(単位:下り・上りはMbps、ping値はms)

下り 上り ping値 下り 上り ping値
AM8:00 39.5 3.7 29.6 1.8 12.6 37.4
AM10:00 22.1 3.8 23.8 40.7 14.0 35.4
PM12:30 19.7 5.8 31.8 0.4 8.5 118.4
PM8:00 34.1 2.4 146.4 1.6 9.7 34.6
PM11:00 32.0 3.2 90.4 41.5 14.0 33.2

ソフトバンクは全時間帯通して速度はそこまで激しく落ちなかったんですが、BIGLOBEモバイルの速度は時間帯によっては大きく落ち込みました。通勤時間や昼時に速度の低下が顕著に表れています(赤字の部分)。

昼時が極端に遅くなるBIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの速度が一番遅くなるのは昼時です。昼休みなので一番スマホの利用頻度が高くなる時間帯なのでしょう。下り速度は1Mbpsを切っています。先ほどの下り速度の説明の表に照らし合わせると、普通画像の動画を見るのが厳しい速度ですね。実際にこの時間帯にスマホを操作してみると、ウェブサイトは文字はスムーズに表示されるものの、画像が表示されづらく感じました。私はソフトバンクをずっと使っていたので、それに比べると確かに少しストレスを感じましたね。

上り速度が遅くping値が高いソフトバンク

じゃあソフトバンクは全部BIGLOBEモバイルより速いのかというと、そういう訳ではありません。ソフトバンクは下り速度は速いのですが、上り速度が全般的にBIGLOBEモバイルより遅いんですよ。これは興味深かったです。計測する前は下りも上りもソフトバンクの圧勝だと思っていました。もっとも殆どが3Mbpsを上回っているので、写真投稿くらいなら支障はありません。また、ソフトバンクは夜間になるとping値が跳ね上がりました。140msを超える時間帯もあったのは驚きでしたね。

結局BIGLOBEモバイルに変えたのは正解なのか

saiga
saiga
この速度結果を見て、果たしてBIGLOBEモバイルに変えたのは正解だったのかという問いに私なりの考えを示したいと思います。

BIGLOBEモバイルに変えたのは正解です。確かに通信速度は低下しましたが生活に支障をきたすというほどでは無いですし、それを補って有り余る料金の安さがBIGLOBEモバイルに変えて良かったと思える理由です。

こちらの料金明細を見てください。乗り換える前に私宛に送られてきていたソフトバンクからの請求です。

税込7,889円。ちなみにデータ上限2GB、通話し放題のプランでした。今は通話は殆どしないですし、ほとんどWiFiがある場所にいるのでオーバースペック感はありました。

一方で、今の私はBIGLOBEモバイルの3GBプランです。金額は次のようになっています。


月額1,200円。税込で1,320円です。通話無料は付いてきません(別途プランでつけることはできます)。スマホ代は約6分の1になりました。しかも今はキャンペーン中なので、6か月間は440円しかかかりません。これだけ安い料金でスマホを利用できるのはとても大きなメリットだと思います。

もちろん、私がBIGLOBEモバイルに満足出来ているのは私のライフスタイルがBIGLOBEモバイルに合っていることも大きいです。私はWiFi環境が常に周りにある中で生活していますし、電話も殆どしません。ソフトバンクを使っていた時は月のデータ容量は2GBでも余っていました。

WiFi環境があるからスマホのデータ容量はあまり使わないよという人にはBIGLOBEモバイルは最高のスマホプランだと思います。

こんな人はBIGLOBEモバイルを使わない方が良い

逆にBIGLOBEモバイルを使ってみて、データをたくさん使う人はBIGLOBEモバイル(というか格安スマホ)は止めた方が良いと思いました。

というのも、月のデータ容量が10GBを超える人は、動画を始めとした動的なコンテンツを(WiFiを使わずに)たくさん利用する人だと思うんですね。今回実測した結果、残念ながらBIGLOBEモバイルの通信速度は動画のような速度が求められるコンテンツを観るには心もとないのは事実です。特に昼時や帰宅時は厳しいですね。また、データ容量が多くなるほどBIGLOBEモバイル(格安スマホ)の最大のメリットである「安さ」を享受できなくなります。

もし10GB以上の容量を安く使いたいなら、今月各キャリアからリリースされる廉価プラン(ahamo・povo・LINEMO)のスマホを使うことをおススメします。

【まとめ】自分のライフスタイルと合った最適のプランを選ぼう

主要キャリアと格安スマホの通信速度の比較ということで、代表してソフトバンクとBIGLOBEモバイルを比較してきました。いかがだったでしょうか。

これからBIGLOBEモバイルや他の格安スマホに乗り換えようかと考えている人にとって有益な情報を提供できたなら嬉しく思います。

WiFi環境がある中で生活していて月のデータ容量を3GBで抑えても良いと言う方は、BIGLOBEモバイルへの乗り換えをおススメします。なぜなら月額料金の安さが桁違いだからです。

逆に月のデータ容量は10GB以上は絶対欲しいと言う人は、格安スマホは止めた方が良いでしょう。主要キャリアから今月リリースされる廉価プラン(廉価ブランド)のいずれかを使いましょう。

自分のライフスタイルに合った最適なプランを選んでくださいね。

saiga(@saiganosumika1)でした。

【格安スマホへの乗り換え手順】初心者が取り組むMNP手続きからSIMロック解除 ●格安スマホに乗り換えようと思うんだけどどうやれば良いんだろう。 ●SIMカードってやつを差し替えるんでしょ?なんか怖いね。で...