ネット周辺情報

【povoのサービス提供日が決定】ahamo・LINEMO・Rakuten UN-LIMIT Ⅵと比較する

KDDIが廉価プラン「povo」の提供開始日を3月23日にすると発表しました。
これで4キャリア(DoCoMo・au・SoftBank・楽天モバイル)から出る廉価プランが全て出揃いました。

saiga
saiga
今回の記事では、あらためて4キャリアの廉価プランを比較していきます。

ahamo・povo・LINEMO・Rakuten UN-LIMIT Ⅵ 比較表

以下が出揃った春からの4キャリアの新プラン(新ブランド)比較表になります。
※価格は税別です。

キャリア DoCoMo au SoftBank 楽天モバイル

プラン名
ブランド名

データ容量 20GB 20GB 20GB+LINEノーカウント 無制限(楽天回線使用時)
提供開始日 2021年3月26日 2021年3月23日 2021年3月17日 2021年4月1日
基本使用料 2,980円 2,480円 2,480円 0~2,980円
データ通信容量超過時 1Mbps 1Mbps 1Mbps 1Mbps
利用回線 ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線 楽天回線
au回線(今年終了予定)
国内通話 5分以内の通話無料 20円/30秒 20円/30秒 アプリ使用時通話無料
※アプリ不使用時20円/30秒
国内通話オプション かけ放題(1,000円) 5分以内の通話無料(500円)
かけ放題(1,500円)
5分以内の通話無料(500円)
かけ放題(1,500円)
無し
テザリング 可能 可能 可能 可能
申込・サポート オンライン オンライン オンライン 店舗・オンライン

povoの目玉は「トッピング」

楽天モバイルが独自路線を貫く中で、他の3キャリアは殆ど横並びです。
楽天回線が限定的なのを除けば、楽天モバイルのコスパが圧倒的なのは変わりません。

povoが今回変更したのは家族割りへの適用ですね。
これはahamoに合わせた形になりました。

povoが他に比べて優れているのは「トッピング」と言われる機能でしょう。
「5分以内通話かけ放題」(月額500円)や「24時間データ使い放題」(200円)などのオプションを必要な時に追加できます。更に、トッピングは申し込みなどの煩雑な手続きが必要無い仕様にするとのこと。どのようなUIになるのか楽しみです。

【まとめ】ahamo・povo・LINEMOは先行キャンペーンに申し込もう

今回の記事では4キャリアの廉価プランの特徴を比較しました。

3月17日のLINEMOから順にリリースされていきますので、それぞれの機能を見守りましょう。
申し込むのは各社の評判を聞いてからの方が良いかもしれませんね。

ただし、ahamo・povo・LINEMOについてはどれを選ぶにしても、先行キャンペーンには申し込むようにしましょう。どれも約3,000円分の特典が付いてきます。

saiga(@saiganosumika1)がお送りしました。