ネット周辺情報

【ahamoが値下げ発表!月額2,700円に】iPhone21機種など対応端末も続々発表

昨日廉価プランが出揃ったという記事を出したばっかりだったのですが、ahamoがリリース直前でやってくれました。月額を2,700円に下げると発表。税込でも2,970円となり、3,000円を下回ります。

auのpovo、SoftBankのLINEMOは2,480円(税別)での提供ですが、これは「5分以内の国内通話無料」が入っていない金額です。

横並びだった廉価プランに「5分以内の国内通話無料を考えているユーザー = ahamoを使うべし」という一石を投じた形になります。

ahamo・povo・LINMO・Rakuten UN-LIMIT Ⅵ 比較表

あらためて4キャリアの新プラン(新ブランド)比較表を見ていきましょう。
※価格は税別です。

キャリア DoCoMo au SoftBank 楽天モバイル

プラン名
ブランド名

データ容量 20GB 20GB 20GB+LINEノーカウント 無制限(楽天回線使用時)
提供開始日 2021年3月26日 2021年3月23日 2021年3月17日 2021年4月1日
基本使用料 2,700円 2,480円 2,480円 0~2,980円
データ通信容量超過時 1Mbps 1Mbps 1Mbps 1Mbps
利用回線 ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線 楽天回線
au回線(今年終了予定)
国内通話 5分以内の通話無料 20円/30秒 20円/30秒 アプリ使用時通話無料
※アプリ不使用時20円/30秒
国内通話オプション かけ放題(1,000円) 5分以内の通話無料(500円)
かけ放題(1,500円)
5分以内の通話無料(500円)
かけ放題(1,500円)
無し
テザリング 可能 可能 可能 可能
申込・サポート オンライン オンライン オンライン 店舗・オンライン

価格だけを見れば「電話は殆どしない」というユーザー以外は、povoとLINEMOを使うメリットが無くなったと言えるでしょう。

ahamoの対応機種も発表

また、本日ahamoから対応機種が発表されました。

対応機種は今のところiPhone端末21機種Android端末72機種となります。

同時にahamoで使用できない端末も公開されていますので事前にチェックしておきましょう。

先行キャンペーンのポイントが倍増

ahamoが本日発表した内容には、もう一つ衝撃的なものがあります。

先行エントリーキャンペーンにエントリーのうえ2021年4月15日から2021年5月31日の間に、ahamoサイトでahamoの新規契約もしくは機種の購入を伴う料金プランの変更のお手続きをいただいたお客さまに、dポイント(期間・用途限定)を6,000ポイント進呈

引用:報道発表資料 「ahamo」の月額料金を税別2,700円(税込2,970円)に改定

なんと、以前3,000ポイントと発表していた先行エントリーキャンペーンの特典が倍の6,000ポイントに増額されました。

ahamoの2か月分が実質無料という思い切った特典です。

ahamoを考えている方は、絶対に先行エントリーに参加しておきましょう。

ahamo先行エントリーはこちら

まとめ

ahamoが今回発表した新価格、先行エントリーのポイント付与倍増を受けて、povoとLINEMOはあらためて何かしらの発表をする可能性があります。

引き続きリリース直前まで動向を見守りましょう。

楽天モバイルに関しては独自路線を行っているので、ここでプランを変更することは考えにくいですね。楽天回線開通内が行動範囲の人で、楽天モバイルに契約することを決めている人は、このまま契約して良いと思います。

以上、saiga(@saiganosumika1)でした。

【楽天モバイルはなぜ安いのか】楽天モバイルを使った方がいい人・使わない方がいい人を考えた なんでこんなに安いんだろうと思い、調べてみました。 今日は楽天モバイルが安い背景を知った上で、楽天...